本文へスキップします。

H1

住宅ローンの選び方

住宅ローンの選び方

住宅ローンを選ぶときに気をつけたいポイントやお借り入れまでの流れをご紹介します。

Point1:ライフイベントを考えよう

Point1 ライフイベントを考えよう

ライフイベントとともに家計も変化します。
住宅ローンの返済額まで変化してしまったら、将来設計が大変。
将来にわたって返済額が決まっている固定金利型の住宅ローンが安心です。

出産 共働きの解消で世帯収入が変わることも。
子供の進学 保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学…将来の教育費増も考えましょう。
定年退職 定年退職などで収入が大きく変わることもあります。

収入・支出の例

毎月いくらまで住宅ローンを払えるか?

下の数式をもとに、いくらぐらいご返済できるか予想してみましょう。

住宅ローン年間返済可能額のめやす=現在の年間貯蓄額+現在の年間家賃-住宅取得後の年間貯蓄額+年間住宅維持費

Point2:住宅ローン3つのリスク

Point2 住宅ローン3つのリスク

住宅ローンには以下のリスクがあります。
フラット35はこれらのリスクに対するサポートも充実しています。

生命のリスク

生命のリスク

お客さまが亡くなった場合、住宅ローンが払えなくなり住宅を失ってしまうことも考えられます。生命保険に入っておけば万が一に備えられます。

団信が利用可

団信が利用可能

原則、団体信用生命保険(団信)にご加入していただきます。団信はお客さまが亡くなられた場合に住宅ローンの残債がすべて弁済される生命保険です。

火災のリスク

火災のリスク

火災で家が燃えてしまっても、住宅ローンは残ります。火災保険に入っておけば、万が一に備えられます。

火災保険が必須

火災保険が必須

返済期間中、継続して火災保険に加入していただきます。

金利のリスク

金利のリスク

金利水準は経済情勢により常に変化します。しかし、金利には保険がかけられません。

全期間固定金利

全期間固定金利

全期間固定金利なので返済中の金利上昇リスクはありません。

※加入条件や支払条件がございますので、別途ご案内などをご確認ください。

Point3:金利タイプを知ろう

Point3 金利タイプを知ろう

金利タイプには大きく分けて2つあります。
金利上昇に不安を持ちたくない方返済額を確定させたい方には固定金利型をおすすめします。

固定金利タイプの場合

金利の流れ

金利の流れイメージ

特徴

お借り入れ時に決まった金利が完済時まで適用されます。

次のような方におすすめです

  • 金利上昇に不安を持ちたくない方
  • 低金利時代に将来にわたっての返済額を確定させたい方

変動金利タイプの場合

金利の流れ

金利の流れイメージ

特徴

短期(または長期)プライムレートに連動して随時変更されます。多くは毎年4月と10月に金利の見直しがされます。

次のような方におすすめです

  • 金利上昇は当分無いと思う方
  • 金利動向を自身で判断できる方
  • 金利が上昇しても返済困難にならない方(余裕のある方)
  • 金利変動リスクを理解している方

固定金利期間選択型の場合(変動金利タイプ)

金利の流れ(10年金利固定の例)

金利の流れ(10年金利固定の例)イメージ

Point

3年固定・5年固定・10年固定ローンなどは変動金利タイプの住宅ローンです。

特徴

一定期間はお借入時の金利が適用され、その後は変動金利になります。(再度、固定金利の期間が選択できる場合もあります)

次のような方におすすめです

  • 将来の金利水準はわからないが、当面の低金利のメリットを受けたい方
  • 将来金利が上昇しても返済困難にならない方(余裕のある方)
  • 金利変動リスクを理解している方

金利に種類があることはわかったわ。
安い方の金利を選べば良いのね?

いいえ、金利は時代により水準が変化します。

フッターリンク(住宅ローンの選び方)

【参】お問い合わせ(お客様部)

資料請求・お問い合わせ

お電話またはインターネットにて資料請求を受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

お電話からのお問い合わせ

日本住宅ローン株式会社 お客様部
受付時間 平日9:00~17:00

03-5802-5050

インターネットからのお問い合わせ

新規借入(注文住宅、建売・マンション、中古)
借り換えローン、住み替え支援ローン、その他