日本住宅ローンの社員に聞きました

今後の会社の命運を握る重要な仕事

入社後、ローンプラザに配属されハウスメーカー様からのお問い合わせ対応を担当し、その後の人事異動で企画部配属となりました。ローンプラザも前職の営業職も、お客様と接する業務が中心でしたので、企画部への異動は大きな環境の変化でした。
企画部では、経営計画の策定や営業戦略の立案、経営の効率化、業務の見直しなど、経営に関わる色々な業務を担っています。また、商品開発の部署と連携して、新たな金融商品の開発にも取り組んでいます。
商品開発の業務は、社内で検討を行うだけでなく、時には外部の金融機関と折衝をすることもあります。今後の会社の命運を握る重要な仕事に携われることは、大きなやりがいと充実感を感じます。

さまざまな立場でお客様と関わることができる環境

先日、お客様のご意見を伺うため、ハウスメーカー様の支店を訪問する機会がありました。ローンプラザを離れて1年程経ちますが、当時対応していたハウスメーカーのご担当者から「あの頃はお世話になりました」とご挨拶いただき、うれしく感じるとともに、直接お客様とお話しし、手続きのサポートをしたことが貴重な経験だったと改めて感じました。
今は企画部として、商品やサービスの開発、改善を通して少しでもお客様のお役に立てるよう業務に取り組んでいます。その他にも短期の人事異動で、審査業務や、ローン契約書類の確認を行う業務も経験することができました。さまざまな立場でお客様と関わることができる恵まれた環境だと感じています。

多彩な人材と成長性に惹かれました

多彩な人材と成長性、そして面白い経験ができると思いました。
転職活動をするにあたり、前職での職務経験が活かせる会社を希望していました。いくつかの会社を検討しましたが、様々な出身業界・職種を経験された方が集まっているということ(金融機関としてはあまりないことだと思います)にとても興味を持ちました。
また設立から間もない会社であるという点にも魅力を感じました。出来上がった組織、業務フローの中で働くことよりも、会社としても試行錯誤して成長している、という中に身を置いて社会と関わることも、前職ではできなかった、面白い経験ができるのではないかと思い、この会社を選びました。

社員・職場紹介