本文へスキップします。

H1

借換ローン簡易セルフチェック

【フラット35】に借り換えて解決しましょう!

フラット35に借り換えて解決しましょう!

例えば、こんなお悩みありませんか?

  • 将来金利の上昇に備えたい。変動金利型の住宅ローン、短期固定型の住宅ローンをお借り入れのお客さま
    長期固定金利のMCJローン(借換タイプ)は金利上昇の心配はありません。
    毎月の返済額が変わらないため、安心してライフプランを立てられます。
  • 住宅ローンの金利が数年後に上がってしまう・・・。段階金利の住宅ローンをお借り入れのお客さま
    旧・住宅金融公庫 直接融資など、段階金利の住宅ローンをお借り入れのお客さまは、毎月の返済額が増額される前に一度当社へご相談ください。当社専属スタッフがご対応いたします。
  • 返済プランが合わない・・・。現在のご返済内容を見直したいお客さま
    最長35年間の長期固定金利なら毎月の返済額が変わらないので安心してライフプランが立てられます。
    また、15年~20年向けの住宅ローンや手数料先払い型の住宅ローンなどもございます。
  • 住宅の敷地が定期借地なのですが、借換ローンの対象になりますか?土地の条件で借り換えが難しいお客さま
    MCJローン(借換タイプ)は、定期借地についてもご融資できる場合がございます。
    まずは、当社までお気軽にご相談ください。

借換ローンのお申し込み条件をチェック

借換ローンのお申し込み条件をチェック

当社住宅ローンへのお借り換えは、少なくとも以下の6項目に該当している必要があります。

  1. 借換ローン申込(予定)時の年齢は満70歳未満、完済(予定)時の年齢は満80歳未満です。
    • ●年齢/お申込時の年齢が満70歳未満の方(親子リレー返済の場合は除く)
    • ●国籍/日本国籍の方、または永住許可などを受けている外国人の方
    • ●収入/安定した収入がある方
  2. 取得した住宅の建設または購入に関する費用が1億円以下です。
    • ●当初建設費(造園・外構・解体の各工事費・消費税、および建設に付随して取得した土地の購入費も含む)、または購入価格が1億円以下(消費税込)
    • ●住宅の床面積:
      ・一戸建て住宅の場合:70m2以上
      ・共同住宅(マンションなど)の場合:専有面積が30m2以上
  3. 借換対象の住宅ローンの借入額は8000万円以下です。
    100万円以上8000万円以下(1万円単位)で建設費または購入価格の100%以内で、次のいずれか低い額であること
    (1)借換対象の住宅ローンの残債額
    (2)住宅金融支援機構が行う担保評価額の200%の額
  4. 借換対象の住宅ローン借入額は、物件取得時の売買契約額もしくは工事請負契約額以内です。
    • ●当初建設費(造園・外構・解体の各工事費・消費税、および建設に付随して取得した土地の購入費も含む)、または購入価格が1億円以下(消費税込)
  5. 借換対象の住宅ローンは、「リフォームローン」や「投資用の住宅ローン」ではありません。
    • ●建物竣工時点で抵当権設定できない区画整理地は融資対象外です。
    • ●保留地は融資対象外です。
    • ●仮換地を融資対象とする場合は、その従前地に独立行政法人住宅金融支援機構を抵当権者とする第1順位の抵当権の設定が必要です。
    • ●買戻特約付き物件は買戻権者により融資対象とならないものがあります。
  6. 借換対象の住宅ローンについて直近12回分の返済実績が良好です
    住宅取得時に借り入れた住宅ローンの借入日(金銭消費貸借契約日)から借換ローン申込日まで1年以上経過し、かつ、借換ローン申込日前日までの1年間、正常に返済していること。

CHECK.1CHECK.6に全て該当しているお客さまは、お申し込みいただけます。
ぜひ借り換えをご検討ください。資料請求はこちら

【参】お問い合わせ(ローンアドバイザリー部)

資料請求・お問い合わせ

お電話またはインターネットにて資料請求を受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

お電話からのお問い合わせ

日本住宅ローン株式会社
ローンアドバイザリー部
受付時間 平日9:00~18:00

03-5802-5079

インターネットからのお問い合わせ

新規借入(注文住宅、建売・マンション、中古)
借り換えローン、住み替え支援ローン、その他