本文へスキップします。

日本住宅ローン株式会社 個人情報保護に関する基本方針

CSRの取り組み

CSRの取り組み

活動理念

弊社は、高品質な住宅に、良質で安心な住宅ローンを安定的に提供することで、お客様の豊かな住生活実現の「夢の架け橋」となることを経営の基本方針とし、当社の事業を「社会貢献」と位置付けています。
この基本方針の下、お客様や株主をはじめとするステークホルダーの皆様のご理解を得つつ、より良い社会の実現に向けて、更なる社会貢献活動に積極的に取り組んでまいります。

活動紹介

産学連携事業



2019年6月28日 記者会見会場にて撮影


     
(右)東京大学大学院 情報理工学系研究科 研究科長 石川正俊
(左)弊社代表執行役社長 安藤直広
 

寄付講座の設置に対する支援

 

~積極的な産学連携で新技術・人材育成に貢献~

弊社寄付(4年総額1億2千万円)により、2019年7月1日付けで「次世代金融支援システム講座(日本住宅ローン)」が東京大学に設置されました。

本寄付講座により研究開発された技術が金融業界のみならず、社会全体で応用され、「夢のようなこと」の実現により、多くの方々の豊かな生活に貢献できればとの想いから今回の東京大学への寄付に至りました。

本寄付講座を通じて、金融的な視点と工学的な最先端技術の両方が備わった人材の育成にも寄与できればと考えております。 弊社で培った金融ノウハウを東京大学へ積極的に提供していき、寄付講座の4年間で研究活動や人材育成に大きな成果が出ることを期待いたします。

日本住宅ローン株式会社
代表執行役社長 安藤直広

2019年6月28日付プレスリリースはこちら

地域社会への貢献

河川の水質改善活動

NPO法人「日本橋川・神田川に清流をよみがえらせる会」の活動に協賛し、社員全員で河川の水質改善に効果のある「EM団子」を神田川に投入しました。

地域イベントへの参加

「文京朝顔・ほおずき市」に、社員がボランティアスタッフとして参加しました。

地域イベントへの参加

スポーツ支援


 

プロテニスプレイヤー穂積絵莉選手のサポートを開始!

穂積選手の活動理念は、「テニスを通じてスキルだけでなく人として成長し、テニスで多くの人の心を動かす」こと。MCJはその活動理念に共感し、穂積絵莉選手が試合中に着用するウェアに日本住宅ローンのロゴマークを掲載して、穂積選手の活動をバックアップしていきます。また、こちらのページにて日頃の活動をピックアップ。穂積選手の活躍を盛り上げ、MCJ一体となって応援していきます。
  

穂積選手紹介ページ

福祉事業への貢献

福祉車両・青パト助成事業へ寄付

弊社の住宅ローンの月々返済額の一部を寄付金として積み立て、公益財団法人 日本財団を通じて福祉車両を寄付します。

福祉車両   公益財団法人 日本財団
※寄付の対象は予告なく変更となる場合がございます。